薬は即効性のある子供の便秘解消法

薬の服用は即効性のある子供の便秘解消法!

子供の便秘を即効で解消したいのであれば薬の服用が適しています。

 

原因はさておき、医薬品には今腸内で詰まっている便を効率良く排出する効果を持っているのです。

 

果たしてどのような薬が子供の便秘に良いのか見ていきましょう。

 

便秘薬

子供が服用できる便秘薬は限られており、大人と同じように考えるのは危険です。

 

そこで、市販薬をドラッグストアで購入するのではなく、病院を受診してマグネシウム系の便秘薬を与えてみてください。

 

  • 酸化マグネシウムが体内を通過する際に水分を吸収する
  • 蓄えた水分が便を柔らかくしたりカサを増したりする
  • 同時に腸を刺激して詰まった便の排出を促す

 

上記のような作用を持っており、お腹に大きな刺激を与えずにスムーズなお通じが期待できるので子供でも安心して服用できます。

 

大人が下痢を起こすほど即効性のある便秘薬は少なく、お子様の体質に合わせて服用するためにも専門医へと相談してみましょう。

 

浣腸

子供の便秘を解消するに当たって昔から主流の方法だと言われているのが浣腸です。

 

肛門付近で長期間に渡って溜まった便が硬くなると蓋のように塞がり、無理にいきんで出そうとすると痛みが出ます。

 

肛門から出血して痔になる恐れもあるため、浣腸で素早く取り除くのが効果的です。

 

赤ちゃんの便秘を解消したいのであれば綿棒浣腸も適しています。

 

  1. 硬いベビー用綿棒ではなく柔らかい大人用の綿棒を用意する
  2. ベビーオイルやオリーブオイルを先端に塗布して滑らかにする
  3. オムツ替えの時にお尻の穴に入れてクルクルとゆっくり回す

 

医薬品を使うよりも刺激が低いのが特徴ですが、子供によっては嫌がることもあるので泣いてしまう場合は他の方法を考えてください。

 

医薬品を使った便秘の解消法は副作用のデメリットあり!

穏やかな作用が期待できる便秘薬だとしても、医薬品を使った解消法は副作用のデメリットがあります。

 

アントラキノン系便秘薬:長期間に渡る服用で耐性ができる
ジフェニルメタン系:腸閉塞の副作用が引き起こされやすい
膨張性下剤:下痢や食欲不振で悩まされる

 

このように種類によって大きく異なり、子供の便秘は薬で無理に排出させれば良いという単純な話ではありません。

 

市販薬を親の自己判断で服用させるのは特に危険なので、安全に解消するためにも当サイトでご紹介しているオリゴのおかげをおすすめします。

 

健康補助食品なので副作用のリスクは一切ありませんし、乳アレルギーの子供でも安心して飲ませられるのでオリゴのおかげを与えてみてください。